鶏肉運搬業者が無理心中 鳥インフル検出のイタリア

鶏肉運搬業者が無理心中 鳥インフル検出のイタリア

イタリア各紙によると、死んだハクチョウから高病原性インフルエンザウイルス(H5N1型)が検出されたとの発表が11日にあったイタリアで13日朝、鶏肉の運搬業者が妻子を殺害した後、自殺する事件があった。

 警察は動機についてコメントしていないが、同国では発表以来、鶏肉の消費が半分近くまで落ち込んでおり、14日付各紙は「鳥インフルエンザが家庭を破壊」などと伝えた。

 各紙によると、北部ベローナ近郊の鶏肉運搬業者(48)は、妻(44)と長女(10)の頭をハンマーで殴り殺害、自らも刃物で首を切って死亡した。長男(16)と二男(14)もハンマーで殴られ重体という。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/345772
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

鳥インフルエンザ、インドへ飛び火
Excerpt:  トリノオリンピック中に鳥の汚染ピークちゃう〜。 ● 鳥インフルエンザ ●  http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/25324398.html.....
Weblog: 時事チップス
Tracked: 2006-02-26 06:11